忍者ブログ
遊戯王カード原作HPの更新前情報を載せていきます?
[135] [134] [133] [132] [131] [130] [129] [128] [127] [126] [125]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「デミスとルインの混沌とした一日」は、
ようやく折り返し地点を超えました。
後半は一気に書ききってしまいたいところですが
どうなることやら……。


さて、
「デミスとルインの混沌とした一日」を書いておきながら、
デミスとルインのカードを持っていなかったので、
シングル買いですが、買って来ました。

やっぱりカードが隣にあるといい感じに書ける気がします。
書いてるうちに登場キャラクターにもだいぶ愛着が湧いてきましたし。

小説を書く方としては、
キャラに愛着が湧くぐらいじゃないといかんですね。

あとは、その愛着を読者に伝えられるかが重要。
表現の丁寧さ、分かりやすさだけでなく、
エピソードや物語全体の構成がそれに影響してくるでしょう。


ちょこっと話は変わりますが、
小説を書くときに意外と重要なのが、音楽。
何かしらの音楽を聴きながら小説を書くと、
うまい具合に雰囲気作りができる気がします。
(ゲームミュージックの類がオススメです)

その音楽によって、展開が変わってしまうこともあったりなかったり。

ただ、当然ですが、読者には音楽は伝わりません。
書いた後で、音楽を消して読み返してみて、
「あれ? ここの部分もっと盛り上がるつもりだったんだけどな」
と言うところがあれば、それは音楽のせいです。
音楽なしでも盛り上がるように、推敲は大事ですね。



……まあ、ここまでは単なる挨拶(長いよ)。



創作ストーリーの人気投票ですが、前回より票数が多いです。
HPのアクセス数自体は減っているかなと思っていたのですが、
OCG人口が減って、小説人口が増えてるのかな?

ありがたいことに最近の小説は、
全体的に量も質もかなり上がってきた気がします。

1年以内に、そこそこの長編作品が
いくつも出来上がりそうな気がするので、
来年の人気投票が楽しみ、との声が多く聞こえてくるのも頷けます。

今回の人気投票も、見ごたえのある結果になってきています。
投票対象が増えたからか、前回より一極集中した感がありますので、
来年は、投票方式をちょっと変えようかなと思っています。

日曜日をお楽しみに。
できるだけ早く結果を出せるように今から準備しときます。
PR

コメント
無題
【混沌の堕天使】はあれで完結です。完結編は新作みたいな扱いになりますので。
……一応念のために、はい。

音楽の力はすごいですよね。私は流しながら書くというより、テーマとなる音楽をいくつか決めて書いています。

そして人気投票も楽しみにしておりますぞ!
【2008/09/23 16:21】 NAME[nagomi] WEBLINK[] EDIT[]
無題
つい最近のことです。
レアハンターが闇のゲームでアテムを倒して城之内に説教されるアニメをプロたんさんが作ったという夢を見ました。
城之内とレアハンは何故かフンドシ一丁で、ときどきそれさえも脱いだりしますがちゃんとモザイクがかかってます。
とりあえず私はそのアニメを見て大爆笑したあと、それを称賛しにプロたんさんの自宅へ行こうとして道を歩いているあたりで目が覚めました。
どうやら夢の中の私はプロたんさんとリアルで家に行くくらいの仲だったらしいです。
言うまでもなく目が覚めたときの私のプロたんさんに対する好感度はメチャクチャ高かったです。その日は月曜だったので原作HPの更新を見るのが楽しみだったくらい。
まあ結局、プロたんさんの新作か何かが更新してたということはなかったですが。

と、いうわけで「デミスとルインの混沌とした一日」を楽しみにしています。
【2008/09/24 14:37】 NAME[仁也] WEBLINK[] EDIT[]
いろいろとお疲れさまです~
まず、新作小説の進捗状況のご報告をありがとうございます。
購入してきたカードを手元に置いて、それを眺めながら、そしてBGMを流しながらという製作秘話もご披露してくださって、本当に興味深く読ませていただきました。
小説執筆には雰囲気作りもかなり大切なようですね。お香を焚くという方もいるようですし。

人気投票の結果発表は今度の日曜日なのですか。
昨年は投票期間から一週おいての発表だったようでしたが、今年は早く見られそうで楽しみです。
「前回より一極集中」というと、二冠達成は安泰とみていいのかな(自分が言うことでもありませんれど;)

また昨年度の結果では、管理人様の作品が15位以内中半数を占め、中でもレアハンシリーズは全作品入っていましたよね。
今年度は「レアハンターDEATH-Tに挑む」が、レアハンシリーズの中でどれくらいの位置に来るのかということにも、興味津々です。
そして来年の人気投票も、今から楽しみにしています。
【2008/09/25 15:52】 NAME[マアト] WEBLINK[] EDIT[]


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード


忍者ブログ [PR]
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
(04/14)
(04/06)
(11/05)
(10/26)
(10/25)
バーコード
ブログ内検索